2006年06月30日

重心とは何か。〜重力の作用点〜


トップページはこちら
このサイトについて

・数学目次へ ・化学目次へ ・物理目次へ ・文系科目目次へ




前提記事:平行な力の合成


今回は「重心」についてお勉強いたしましょー★


そう、重心とは何なのかっちゅー話。

実は、重心にはいくつかの性質があります。

今回は、「重力の作用点」という性質について、説明します。


重心は、「重力の働く点」です。



まー、厳密には、重力なんてものは、その物体のありとあらゆる部分に働いてますがー


それを全部をうまい計算で平均的な一をとって、「1箇所に働いてる」として考えるわけです。




ようするに


重力は、重心に働く


ってこと。



だから、重力を表すベクトルも、重心を始点にして書けばいいわけですよ。




まー、次の例を見ると、重心について理解しやすいと思いますので、見てやってください!

えっと。ピンクの矢印のとこにチェーンのついた、キーホルダーだと思ってください。
gnosetsumei.gif
重力は重心に働く、そう言いましたね。

これはつまり、あらゆる点に働く重力を、「平行な力の合成」によって合成したとき、その作用点が「重心」になる、ということです。


「重心という点(黄色い点)」が、地球によって下に引っ張られるので、

チェーンでぶら下がっているこのキーホルダーは、回転するんですよ。


すると、重力と、糸の張力がつりあいます。

回転も考慮するときの釣り合いの条件、「大きさが逆向きで等しい」ともう一つ、覚えてますか?


「2力が一直線上にある」


チェーンの張力は、ピンクの矢印です。


回転することで、「重力」と「糸の張力」が一直線上にきて、釣り合って、静止する。



こういう点が、重心なんですよ!




〜今回のまとめ〜

重心は、重力の作用点。

つまり、重力の働く点、ネ。


前提記事:平行な力の合成

・数学目次へ ・化学目次へ ・物理目次へ ・文系科目目次へ




========================================
ご意見、ご感想、文句、ご指摘、等
遠慮なくコメントやメールでどうぞ!
メールアドレスは右のバーの上のほうにあります。
他の記事へはトップページかサイドバーの目次からどうぞ。
トップページはこちら。
このサイトについて
========================================
posted by 真田正大 at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 剛体、重心
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20073409

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。