2006年06月01日

作用反作用の法則


トップページはこちら
このサイトについて

・数学目次へ ・化学目次へ ・物理目次へ ・文系科目目次へ




 
「作用と反作用とは同一直線状にあり、互いに逆向きで大きさは等しい。」



さらにさらに。


何か力が働けば、その作用に対して必ず反作用が働きます



作用だけあって反作用がない、ということはありえない。




とまあ、ここまでが基本的な話ですねぇ。




まあ、何言ってるかはわかると思います。



例えば、池にボートが隣接して二つ浮かんでるとして



その片方に乗ってる真田君が、反対のボートをオールで押したとします



かけてる力としては、真田君→反対側のボート なんですが


実際には真田君のボートも反対向きに移動して、両方のボートが同じように動いて離れていくのが想像つくでしょー



これが作用と反作用です。




たとえばロケット。 ドゴォォオオオ!!! となにやら噴射してますねぇ



あのすげぇ噴射の力、その反作用でロケットは上昇して飛んでいくわけですよ。




さて。




作用反作用の法則で一番勘違いの多いのが、ここです




「力のつり合い」。これと勘違いしがちなんです。





「同一直線状で?逆向きで?大きさが等しい? だったら、足したら0になるから、釣り合ってるじゃないか!

そして、『作用だけあって反作用がないなんてことはアリエナイ』ってことは・・・



え、どんな力をかけても必ず釣り合うってこと?


じゃー、何をどう力をかけたって、この世のどの物体も絶対に動かないじゃーん」





・・・・というのは極端かもしれませんがねw






いーですかー



力のつり合いってのは


一つの物体に働く複数の力が、足すと0になる




作用反作用ってのは


二つの物体の間に働く二つの力が、互いに逆向きで同じ大きさ



なんです




一つの物体に、足して0になる力が働けば、つり合います







二つの物体の間に、それぞれ働く力なんですよ、作用反作用ってのは


物体AとBに作用反作用の力が働くとしたら

物体Aには右向き3Nの力、物体Bには左向き3Nの力



みたいなね



一つの物体に働くわけじゃないから、つり合いの状態にはならないってことですよ。



・数学目次へ ・化学目次へ ・物理目次へ ・文系科目目次へ




========================================
ご意見、ご感想、文句、ご指摘、等
遠慮なくコメントやメールでどうぞ!
メールアドレスは右のバーの上のほうにあります。
他の記事へはトップページかサイドバーの目次からどうぞ。
トップページはこちら。
このサイトについて
========================================
posted by 真田正大 at 19:33 | Comment(8) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
やっぱり勉強になりますね…(∞p+゚U`∞q)●

関心♪.。:*☆'゚+:.


てか真田さんは部活してるンですね!!部活より熱心とか…ダメじゃないですか↓

Posted by たっき- at 2006年06月01日 21:01
お疲れです〜(´∀`*)
私もかなりお疲れです笑
部活の方も頑張ってょ〜(°∇°;)

どうやらうちの部活ゎ嵐の予感…泣
Posted by こりん at 2006年06月01日 22:40
こんにちは☆
いや〜、勉強になります!(^^)”
Posted by さつき at 2006年06月03日 12:02
こりんさんへ
ううぇー、嵐っすかーwこれからどの部活も大会に向けて、部活忙しくなりますからねー

さつきさん
こんにちは☆
いや〜、ありがとうございますwホント、書くかいがあるってものです



・・・・。
って最近ちょっと更新が適当になってきたぞー、よくないぞー 
ところが明日も朝から晩まで用事だぞー、っと。
土日より平日のほうが暇が多いってことか・・・
更新スケジュール改変しなきゃなぁ・・・
Posted by 真田正大 at 2006年06月03日 23:10
こんにちは☆
アハハ!
なんとなく分かりますよ〜!
私も今、『7つの習慣・最優先順位』スティーブン・R・ジヴィー著を読んでいるところでっす!(^^)”
Posted by さつき at 2006年06月07日 00:41
・・・なんか気になるタイトルですねぇ
7つの「習慣」があって(例えば部活、学校、趣味あたりでしょうか)、その中で優先順位をつける、といった内容かな?

あー、気になるわぁwちょっと読んでみたいかも
Posted by 真田正大 at 2006年06月07日 22:22
こんにちは☆
では、お教えしましょう。
『7つの習慣・最優先順位』または『7つの習慣』などがスティーブン・R・コビー博士によって書かれてあります。
これを日本に広めた人が【違いをもたらす違い】の成功法則を生み出した、ジェームス・スキナーさんです。
スキナーさんは、成功の9ステップというCDを出されています。
スキナーさんの師匠にあたる、コビー博士は、あますとこなく時間活用法を、正に最優先順に、巧みなまでに書き表したものです。
まだ途中段階ですが、私はこれを読み、目から鱗!です!
整理整頓さえ、たいしてできない私が、これは絶対、熟読せねば!
と奮起しております☆
なはは!
うるさい人で申し訳ない!
お邪魔でしたら、削除してください。
も少し、付き合ってやるか!
と思ったら削除しないでください。
なんだ?それは?
ということで、実はすっとぼけた人ですので、いつでも気兼ねなく話しかけてやってください(^^)”
Posted by さつき at 2006年06月12日 23:58
へぇ・・・・
なるほどなぁ・・・やっぱりちょっと気になる・・・・

時間と機会があったら、読んでみたいと思います!
・・・ただ、最近時間ないんだよなぁ・・・
Posted by 真田正大 at 2006年06月13日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18702950

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。